おおみそかと正月の臨時ダイヤ

2016年12月21日

これは架空鉄道です。たとえ実在する団体名がでてきたとしても、関係ありません。

 宮城電気鉄道宮城線本塩釜駅付近には、全国の鹽竈神社の総本社鹽竈神社が所在し、初詣の需要が高い。また、1月2日からは丸光宮電百貨店をはじめとする仙台市内各商業施設で初売りが行われるため、通常の休日とは一線を画す買物需要が存在する。この需要に応えるため、宮城電気鉄道では毎年終夜運転を行うほか、1月1日から4日までほぼ終日にわたって急行を増発し、初詣客の輸送を行う。

おおみそかの終夜運転

 おおみそかの終夜運転は全列車普通列車で、概ね仙台高城町間30分間隔、高城町石巻間60分間隔の運転となっている。

 終夜運転と前後のダイヤとの接合部分で、運用の都合上イレギュラーな列車が発生している。特に、仙台からの普通陸前小野行きや、石巻から全線を走破する普通仙台行きなどは、沿線の鉄道ファンが年中行事のように撮影する。

クリックで拡大

正月の急行増発

 年が明けてからは、宮城電気鉄道ではほぼ終日にわたって急行を増発し対応している。下記の時刻表の中で、赤字で示したものが増発分である。なお、正月ダイヤではこの急行を待避するため、定期の普通列車のうち半分の列車で小鶴新田―多賀城間の時刻が2分ずれる。増発分の急行は高城町まで行かず東塩釜折り返しとなるので、急行東塩釜行きの表示も沿線の鉄道ファンに人気が高い。

クリックで拡大

宮城電気鉄道:歴史/路線・ダイヤ/車両/その他

コンクリートのミルフィーユ宮城電気鉄道その他>おおみそかと正月三が日の臨時ダイヤ